参院選を迎えて

 無党派のみなさんに、お願いしたい事が、ありまして、また、書き始めました。随分とご無沙汰してしまい申し訳ありませんでした。まことに勝手なお願いなのですが、今回は立候補するのは、あきらめて戴けませんでしょうか。
 何故かと申しますと、国会議員の議員数は、決まっていますので、余分にはないと云う事なのです。今迄、与野党で、分け合っていた中に無党派の議員が、参加しますと、野党の票が、割れてしまう可能性が多分にあるからです。特にわたくしとしましては、もう、年も年ですし、任期を、全う出来るか、心もとないので、後方支援に回らせて頂きたいと思いました。
 党として、他党の中で、一番考えの近い党として、挙げたいのは、立憲民主党ですので、是非、投票所に、足を運んで戴きたいのです。先の衆院選では、私は、無党派党として立候補すること叶いませんでした。しかし、例え、その事叶いましても、今は、野党共闘の応援に回りたいと思います。これ以上、もう、自民党政権の時代を続けさせたくないからなのです。
 更に、申しますと、先の衆院選全国平均投票率は、五十四パーセント弱なのです。その中に、メディアのいう、無党派層の三十六パーセント強は、完全に抜け落ちています。ですから、此の票が、野党に入りますと、完全に、政権党が生まれます。自民党さんの仰る三分の二ならば、54割る3イコール18です。しかし、自民党さんは、36パーセント以上は、ございましょう。
 しかし、野党の票が、割れず、更に其処に、無党派の票が、加わると、どのようなことが起きるか、想像して頂きたいのです!まさに、無党派の票が、キャステイングボード、日本のこれからの運命を、決める、かなめの票なのです。新しい政権、生まれ其処から、世界に、九条を、錦の御旗にして、打って出ていける可能性が、出て来ます。また、基地を無くす事も可能かと!更に、今迄の様な人を殺してまでも、生きようと、イクサ可の、世を、変えることも可能になると、想います。
 その為には、無党派の方々が、一票を、入れて戴けなければ叶わないのです!!
 必ず、投票してください。一票を無駄にしないでください。
 世の中、必ずや変わります。人を、殺す道具を買う、替わりに、そのお金で、他の、沢山のこと、可能でしょう!
 宜しくお願い致します。今日は、このあたりで、筆を、納めさせていただきます。失礼します。